Yahoo JAPAN 予約飲食店

お申し込み(無料)

導入事例

「俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA」俺の株式会社 店長 兼 ソムリエ 安 亮さん

ネット予約の導入で
予約管理の手間を削減

「俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA」
俺の株式会社 店長 兼 ソムリエ 安 亮さん

導入のきっかけは

Yahoo!予約 飲食店を導入した理由を教えて下さい。

弊社広報担当から「ヤフーがネット予約をやるらしいから、先駆けでこちらの青山店へ導入してみてはどうか?」と提案を受けたのがきっかけでした。
当時、予約の管理状況がかなりずさんだったこともあり、予約のオペレーションに対してはまだ余裕があるところもあったので、予約管理を管理する上で改善ができることがあるのであれば…ということに期待をして導入を決めました。

実際に運用してみて

店舗の運用で変わったことはありましたか?

リアルタイム予約ですと自動的に予約が入って予約確定となるので、予約の管理業務が圧倒的に軽減されましたね。
実は以前、リクエスト型のネット予約を利用していた頃があったのですが、お客様に連絡を返すというフローが発生するので、正直運用に手間がかかっていたんですよね…。それが今回リアルタイム予約となったことで、予約管理上理想としていた、手をかけずに自動的に予約が入ってくる形になり、お店としては予約を受ける業務の負担が軽減されました。
そして何よりも、お店で利用しているWebの予約台帳とYahoo!予約 飲食店が連携されているので、一元管理できることも利便性が高いと感じています。

 

電話予約とネット予約の割合については変化がありましたか?

かなり大きな変化がありました。今までは電話が鳴りやまない状況でしたが、今ではネット予約8割、電話予約2割くらいになってきたので、電話対応にかける時間は減っていると実感しています。もちろん有難いことにまだまだ電話は鳴っていますが(笑)
また、お店側の電話対応だけでなく、お客様側の電話に繋がらないというストレスも減らせているのではないかと思っています。

最後に

今後、Yahoo!予約 飲食店に期待することはありますでしょうか。

Yahoo!予約 飲食店で間口を広げて、Yahoo!検索でさらに俺の知名度をあげて、、、無限の可能性を秘めているヤフーと手を組むことで、俺のシリーズの更なる宣伝効果を狙いつつ、今以上にネット予約の幅を広げていければと考えています。
飲食店の永遠の課題である予約管理、電話対応対策を完ぺきにやれていても全席埋まらない可能性も十分にありますので、貪欲に貪欲に、ヤフーからの集客を期待をしています。

俺の株式会社

一流レストランで活躍したシェフたちが高級料理をお手頃価格で提供する立ち飲みレストランを、東京・銀座中心に展開。
「俺のイタリアン」、「俺のフレンチ」をはじめ「俺の割烹」、「俺のやきとり」、「俺の焼肉」など続々出店を行う人気店。

他のインタビューも読む

画像提供:アフロ

無料で「ネット予約」を始めましょう!

今すぐお申し込み